目立つ銀歯のお悩みは審美治療で解決

口を開けると気になる銀歯……。銀歯があるせいで、「口元が気になってしまう」「会話や食事を楽しめない」といったお悩みを抱える方も少なくありません。このようなお口の見た目に関するお悩みを解決するのが審美治療です。

審美治療では、気になる銀歯を白いセラミックの詰め物・被せ物に替えるとともに、機能性の向上も図る治療を行います。

銀歯とセラミックの違い

銀歯 セラミック
白い歯のなかに銀歯があると非常に目立ち、印象も悪くなってしまいます。 天然歯のような白さと透明感を再現できます。

見た目が悪いだけじゃない!銀歯のデメリット

他の歯を傷める 歯茎と歯の境目に黒い線ができる
金属なので、咬み合う歯を傷めることがあります。 銀歯があると、溶け出した金属イオンが歯茎に沈着することで、歯と歯茎の境目に黒い線ができてしまうことがあります。
歯茎が変色する 金属アレルギーになる
銀歯があると、経年とともに金属イオンが溶け出し、歯茎が黒ずんだり、紫っぽく変色したりすることがあります。 経年とともに溶け出した金属イオンが体内に取り込まれることで、金属アレルギーを引き起こすことがあります。

これらのデメリットを解消できるのが、審美治療(セラミック治療)です。

当院の取扱素材

安曇野市の歯医者・医療法人 Ohana会 スマイル歯科クリニックで取り扱っている審美治療素材・治療法についてご紹介します。

ジルコニア(詰め物・被せ物)

人工ダイヤモンドとして使用されているセラミック素材

【審美性】 
【耐久性】 
メリット
  • 自然な歯のような白さと透明感を再現
  • 優れた生体親和性
  • 変色の心配がほとんどない
  • プラークなどの汚れが付きにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 天然歯より硬く、咬み合わせる歯を傷める可能性がある
  • 治療費が比較的高い
オールセラミック(詰め物・被せ物)

すべてセラミックでつくられた素材

【審美性】 
【耐久性】 
メリット
  • 自然な白さと透明感を再現できる
  • 変色の心配がない
  • プラークなどの汚れが付きにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • まれに欠けることがある
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 天然歯より硬く、咬み合わせる歯に負担がかかることがある
  • 治療費が比較的高い
ハイブリッドセラミック(詰め物・被せ物)

セラミックとプラスチックを掛け合わせた素材

【審美性】 
【耐久性】 
メリット
  • 弾性があり、咬み合う歯を傷めにくい
  • 自然な白さを再現できる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • オールセラミックより安い
デメリット
  • 審美性はオールセラミックよりやや落ちる
  • 経年によって変色することがある
  • 咬み合わせによっては、使用できない部分がある
メタルボンド(被せ物)

金属のフレームの表面にセラミックを焼き付けた被せ物

【審美性】 
【耐久性】 
メリット
  • 自然な白さを再現できる
  • 強度があって耐久性が高い
デメリット
  • 色調や透明感ではやや劣る
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • オールセラミックより安い
ラミネートベニア(前歯に装着)

前歯を薄く削った上に薄いセラミック製の板を貼り付ける治療

【審美性】 
【耐久性】 
メリット
  • 半永久的に白い歯を保てる
  • 短期間で治療できる
  • 前歯をきれいに整えることができる
デメリット
  • 前歯にしか適応できない
  • 治療費が比較的高い
ファイバーコア(土台)

グラスファイバーでできた被せ物の芯(コア)

【審美性】 
【耐久性】 
メリット
  • 被せ物の透明感を損なわない
  • 適度なしなやかさがあり、歯根を傷めない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯の状態によっては適応できない場合がある
  • 治療費が比較的高い

【一人ひとりの患者さんに合った技工物を】

安曇野市の歯医者・医療法人 Ohana会 スマイル歯科クリニックでは、院内に技工室を設けて技工物の製作にあたっています。患者さんのお口にぴったり合った質の高い技工物を、スピーディーにご提供しています。

歯の黄ばみはホワイトニングで手軽に解決!

黄ばみや黒ずみなど、変色してしまった歯の色が気になっている方におすすめなのが、ホワイトニングです。ホワイトニングとは、専用の薬剤を使って歯を漂白する処置。歯を削ることなく手軽に白くできるため、近年では老若男女を問わず多くの方に選ばれています。

ホームホワイトニング
料金 20,000円(税別)
注意事項 ・施術時にしみることがあります
・白くなる具合には個人差があります
・経過期間に伴い色戻りすることがあります

※定期的に行うことで白さを維持することができます。

歯が変色する原因とは?

歯の内側から起こる変色
加齢 歯の神経の除去 抗生物質
歯の表面(エナメル質)の内側にある象牙質は、年齢とともにクリーム色が濃くなってきます。一方、エナメル質は年齢とともに薄くなってくるため、象牙質の色が透けて歯が黄ばんで見えるようになります。 虫歯などが原因で歯の神経が死んでしまったり、除去したりした場合も、象牙質が茶色に変色します。これは、象牙質に栄養が行き届かなくなることで起こる現象です。 テトラサイクリンという抗生物質の影響で、象牙質が変色することがあります。子どもの頃に、テトラサイクリンを含む薬を長期間服用することで、象牙質に色素が付くケースがあります。
歯の外側から起こる変色
飲食物やタバコ 虫歯 金属などの詰め物
色の濃い飲食物は歯に色が付く原因になります。タバコのヤニも歯の黄ばみの原因になります。 初期の虫歯は歯が白く濁る程度ですが、進行すると茶褐色や黒っぽく変色していきます。 歯科治療で詰めた金属から金属イオンが溶け出すことで、歯が黒く変色することがあります。

ホワイトニングの種類

安曇野市の歯医者・医療法人 Ohana会 スマイル歯科クリニックでは、オフィスホワイトニングにもホームホワイトニングにも対応しています。ご要望・ご都合に合わせてご提案させていただきます。

  【オフィスホワイトニング】
歯科医院で医師が行うホワイトニング
【ホームホワイトニング】
ご自宅でご自身で行うホワイトニング
方法 歯の表面に薬剤を塗布し、光を当てて歯を白くしていきます。 薬剤を注入した専用のマウスピースを歯に装着して歯を白くしていきます。
メリット
  • 数回の通院で希望の白さにできる
  • 医師が処置してくれるため、手間がかからない
  • 好きな時間に自分のペースで取り組める
  • 色の後戻りが少なく、効果が長持ちする
  • 奥歯まで白くできる
デメリット
  • 薬剤によって知覚過敏の症状が出ることがある
  • 光が届かない奥歯は白くできない
  • 色の後戻りが早く、効果が長持ちしない
  • 白さを実感できるまで時間がかかる
  • 自分で行う必要があるため、手間がかかる

ホワイトニングができない方
  • 虫歯や歯周病がある方(治療完了後は可能)
  • 妊娠中、授乳中の方
  • 歯が割れたりひびが入ったりしている方
ホワイトニングでは白くならない歯
  • 重篤な変色歯
  • エナメル質形成不全、象牙質形成不全の歯
  • 人工的な詰め物や被せ物

なお、ホワイトニングでは白くならない歯でも、別の方法で白くできる可能性があります。詳しくはお気軽にご相談ください。

医療法人 Ohana会 スマイル歯科クリニック
 お問い合わせや診療予約はこちらから
0263-88-3221
安曇野市 県安曇野庁舎近く / 駐車場あり / 土曜診療

ページの先頭へ戻る